リバウンドによって体重が増える仕組み

リバウンドによって体重が増える仕組み


体の一種の防衛本能といえるのが、体重がリバウンドによって増える仕組みだといいます。

 

 

万が一山登りをして遭難したときのことです。

 

 

食べ物がないという時でも、水があれば、生き延びる事がある程度の日数は出来るのが人間の体です。

 

 

エネルギーを体に溜め込んでなるべく消費しないようにしてしまうのは、体が緊急事態ということを認識するからです。

 

 

つばり低消費モードに体が変化してしまうのです。

 

 

ダイエットをして、極端に食事制限をしたり、食事はしていてもたんぱく質や脂質がほとんどない低カロリーの食事ばかりを食べているとします。

 

 

体は防衛本能によって、エネルギーをあまり消費しない低消費モードになってしまいます。

 

 

食事内容を低消費になっている状態で元に戻すと、体に栄養を蓄えようとして一気に体重が増えてリバウンドしてしまうことになってしまいます。

 

 

ダイエットをする限り、避けては通れないものが、体重のリバウンドと言うものです。

 

 

体重のリバウンドをなるべく少なくすることが、ダイエットを成功させる為の秘訣になります。

 

 

中でもたくさんダイエットを経験した事のある人は、可能性として高いもは体が低消費モードになってしまっていることです。

 

 

体が危機感を感じるのは、何度も一時的に体重を減らす事を繰り返すことが原因です。

 

 

エネルギーを常に体に溜めようとする働きが生じて、体重が増えやすくなってしまっているのです。

 

 

体重をリバウンドしないように落とす為に改善する必要があるのは、低消費モードになっている体なのです。

 

 



関連ページ

体重のリバウンド
体重のリバウンド〜 体重のリバウンド
体重のリバウンドを防ぐ方法
体重のリバウンドを防ぐ方法〜 体重のリバウンド
リバウンドの仕組みと防止策
リバウンドの仕組みと防止策〜 体重のリバウンド