食事制限とリバウンドをしないコツ

食事制限とリバウンドをしないコツ


リバウンドをしないダイエットでの食事制限はあるでしょうか。

 

 

食事制限をしばらく続けると、体は少ないカロリー量でも生きていけるよう体を合わせていきます。

 

 

基礎代謝を低下させ、体内のカロリー消費量を減らします。

 

 

食事制限を開始してしばらくは体重が順調に減っていきますが、体が食事制限に慣れると停滞期と呼ばれる期間に入ります。

 

 

従来通りのダイエットをしていても体重が期待するほど減少せず、何かのきっかけで増加しやすい厄介な期間です。

 

 

リバウンドしやすい時期だといえるでしょう。

 

 

好みの食事をこらえるといった食事制限は、精神的な負荷も大きくなります。

 

 

停滞期中のダイエットは、ストレスがかかる上に体重が思うように減らないため、モチベーションが低下しやすいといいます。

 

 

本格的なリバウンドの始まりのきっかけとなってしまいます。

 

 

今までの食事制限で体は少ないカロリーでも対応できるように代謝による消費を少なくしています。

 

 

ダイエットをやめて普通の食事に戻してしまうとエネルギーが余ってしまいます。

 

 

食事制限前は1日で使い切ることができたカロリーが、食事制限後では使いきれずに脂肪になり、リバウンドを起こします。

 

 

リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。

 

 

リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。

 

 

体重を減らしたい時は、食事制限のみのダイエットをするのではなく、運動と共に行ってリバウンド対策をすることが重要になります。

 

 



関連ページ

食事制限とリバウンド
食事制限とリバウンド〜 食事制限
リバウンドしやすい食事制限
リバウンドしやすい食事制限〜 食事制限