フォトフェイシャル治療とレーザー治療

フォトフェイシャル治療とレーザー治療


フォトフェイシャル治療でお肌に照射する光とは、どういう光なのでしょう。

 

 

肌に光をあててトラブルを解消するという施術では、レーザー治療の方が知られているかもしれません。

 

 

フォトフェイシャル治療で使う光はIPLというもので、レーザーとは違うものです。

 

 

カメラのフラッシュのようなやさしい光であり、フォトフェイシャル治療には痛みはほとんど伴いません。

 

 

黒い色素に反応するレーザー光と、赤い色素に反応するレーザーの光で、黒いメラニンと赤い毛細血管に影響を与えます。

 

 

IPLはひとつでどちらの働きも兼ね備えているのが特徴です。

 

 

どういった点で、レーザー治療とフォトフェイシャル治療は区別することができるものでしょう。

 

 

肌トラブルの原因となっているターゲットであるメラニンや毛細血管などを、ピンポイントで照射の対象と出来る点にあります。

 

 

レーザー治療の場合は、何事もない皮膚にもレーザーが作用し、肌を悪くする恐れがあります。

 

 

皮膚全体に光を当てても、しみやそばかすがあるところだけフォトフェイシャルの光が作用するという点も魅力的です。

 

 

副作用のリスクが極めて低いため、顔全体にフォトフェイシャルの光を照射し治療することもできます。

 

 

フォトフェイシャルの治療は、レーザー治療のように施術者のスキルで結果が左右されることがありません。

 

 



関連ページ

フォトフェイシャルで治療
フォトフェイシャルで治療〜 フォトフェイシャル
フォトフェイシャル治療のデメリット
フォトフェイシャル治療のデメリット〜 フォトフェイシャル