食欲を抑制する方法

食欲を抑制する方法


お腹が空いても辛くなく、食欲が抑制できる体になれれば、ダイエットのために食べる量を少なくしても苦痛は感じないと考える人がいます。

 

 

お腹が空くと空腹を覚え、何か食べたいという欲求を感じるということは、ごく当たり前のことです。

 

 

食欲が続くあまり、痩せるためには食べないことが好ましいとわかっていても食べてしまうこともあります。

 

 

もしも食欲が抑制できたなら、自然と食事量が減って食事制限をする時のストレスも感じづらくなります。

 

 

食事制限と食欲は密接な関係にあります。

 

 

食欲を司っているのは、人間の脳だといいます。

 

 

何も食べない時間が長く続くほど、食欲は増してきます。

 

 

食欲を抑制したい時は、同じ量の食事を数回に分けて食べたほうがいいでしょう。

 

 

食事はできるだけゆっくり良く噛んで食べたほうが、満腹感が得やすく食欲を抑制することができます。

 

 

ガムを噛むことで空腹時でも食欲が抑制できます。

 

 

低カロリーの飲料や水を摂取することで、食欲を抑制するというやり方もあります。

 

 

カロリー量の少ない食べ物や水を食事前30分に摂取することで、食事中に食欲のに負けて食べすぎてしまう等の事態を防ぐことができます。

 

 

食欲を抑制することで、高カロリーの食事をしてしまうリスクを軽減できるのです。

 

 



関連ページ

食欲の抑制
食欲の抑制〜 食欲の抑制
ダイエットと食欲の抑制
ダイエットと食欲の抑制〜 食欲の抑制